うがいで新型コロナウイルス感染症対策(3) | ブログ|日野新町歯科医院 |日野駅徒歩1分の歯医者
トップ > ブログ
ブログ

うがいで新型コロナウイルス感染症対策(3)

2021年1月30日

■新型コロナウイルスは、口のなかにばい菌が多い人ほど重症化しやすい

 

前述したように以前から、医師の間では、「口のなかが汚いと、インフルエンザになりやすい、重症化しやすい」というのが常識となっています。

 

実際、奈良県で行われた調査では、介護施設の高齢者に歯磨きなどの口腔(こうくう)ケアを徹底したところ、インフルエンザの発症率が10分の1に激減したという報告があります。

 

新型コロナウイルスについては、口のなかにばい菌が多い人ほど重症化しやすいことがわかってきています。そして新型コロナウイルスはインフルエンザと異なり、唾液腺や歯ぐき、舌など、口のなかで増えることも明らかになりました。

 

コロナウイルス関連の論文は通常より早いスピードで学術雑誌に掲載されていて、どんどん新しいデータが出てきています。そしてそのなかには、新型コロナに感染して重症化した人と、重症化しなかった人の口のなかのばい菌の数を比べてみると、100万倍くらいばい菌が多かったという結果もあったそうです。

 

もちろん、まだ因果(いんが)関係のすべてが明らかにされたわけではありません。ただ、口のなかを清潔に保つことが、感染症リスクを低下させることは間違いないでしょう。

 

■舌が白く汚れている人は、感染症の重症化リスクが高い

 

なぜ、口のなかが汚いと感染症に弱くなるのか。

 

これは、おもに歯周病菌が原因です。歯周病菌は歯と歯ぐきの隙間の「歯周ポケット」とよばれる場所のほか、舌の表面のデコボコのなかにもたくさん潜(ひそ)んでいます。

 

とくに、舌が白く汚れている人は、感染症の重症化リスクが高いといわれています。汚い口のなかでは、歯周病菌が繁殖してしまいます。歯周病菌というと、歯周病や口臭など、口のなかのトラブルに限定したばい菌だと思っている人も多いかもしれません。

 

しかし、歯周病菌はあなたの想像以上に、体にさまざまな悪さをします。たとえば、歯周病菌はプロテアーゼという「タンパク質を破壊する酵素(こうそ)」を出します。プロテアーゼは口やのどの細胞や粘膜を攻撃するので、歯周病菌だらけの口のなかは、つねに傷だらけです。

 

ウイルスが私たちの体内に侵入するとき、まず細胞の表面にあるレセプター(受容体)という分子に結合します。口やのどなどのレセプターは通常、粘膜を保護する糖タンパク質の層におおわれているのですが、プロテアーゼなどの酵素によってこの層が壊されると、レセプターがむき出しになり、ウイルスが侵入しやすくなってしまうのです。

 

また、歯周病菌はノイラミニダーゼという、インフルエンザウイルスの増殖を助けてしまう酵素も生み出します。歯周病菌が多いと、インフルエンザウイルスが増殖しやすい環境になってしまうのです。

日野新町歯科医院
WEB予約
日野新町歯科医院
アクセスマップ
JR中央線日野駅下車 徒歩1分
日野新町歯科医院
〒191-0002
東京都日野市新町1-19-3
マストライフ日野1F
TEL. 042-583-8882
診療時間
・月~金  10:00~13:30
             15:00~20:00
・土/日  10:00~13:30
・休診日  木曜日、祝祭日
クリスタルブライトニング
ポリリンホワイトニング
バナー
日野新町歯科医院
日野新町歯科医院

Copyright (C) 2010 Hinoshinmachi Dental Clinic.  All Rights Reserved.