トップ > ブログ
ブログ

重度の歯周病により癌のリスクが24%高まる

2018年5月9日

米国のタフツ大学とジョンズ・ホプキンス大学の共同研究チームは、
歯周病と癌の関連性についての研究成果を
the Journal of the National Cancer Instituteにおいて発表し、
1月16日にタフツ大学はそのホームページ上においてリリースを行った。

 

それによると重度の歯周病に罹患している患者においては、
健全・中軽度の歯周病に罹患している患者と比較して、
癌を発病するリスクが24%高まるという。

 

また、重度の歯周病との関連性が高い無歯顎患者においても
癌を発病するリスクは28%高まるという。

 

癌の種類別に見ると、
肺癌において最大のリスクの高まりが見られ、次が大腸癌であるという。

 

7,466名の対象者が90年代後半から2012年まで観察され、
その期間中に1,648件が新規の癌として診断された。

 

タフツ大学の Dominique Michaud教授は、
当研究は、癌と診断される前に歯周病検査が行われた対象群を用いて、
癌と歯周病との関係性を調査した研究としては最大のものです。
歯周病予防や治療が癌のリスクを軽減し、
特定の種類の癌による死亡者数を減少させることに有効かどうかについて
さらなる研究が求められます。などと述べている。

 

近年、歯周病と癌との関連性について様々な研究成果が発表されている。
歯周病の罹患については患者の自己申告に基づくものが多い中、
事前の歯周病検査に基づく大規模な研究としてその価値は高いという。

 

研究を通じて関連性が見られなかった癌としては、
乳癌、前立腺癌、血液癌、リンパ腺癌などが挙げられる。

 

また、人種による違いも見られ、
アフリカ系アメリカ人においては、
肺癌、大腸癌以外においては歯周病との関連性が弱い、
あるいは見られなかったという。

 

Michaud教授らは、
歯周病によるリスクについてより深く知ることは、
全ての人が享受できる歯科医療保険を作ることへの
後押しにつながり得ます。などとも述べている。

 

出典: Tuft Univertsity_More evidence of link
between severe gum disease and cancer risk

日野新町歯科医院
WEB予約
日野新町歯科医院
アクセスマップ
JR中央線日野駅下車 徒歩1分
日野新町歯科医院
〒191-0002
東京都日野市新町1-19-3
マストライフ日野1F
TEL. 042-583-8882
診療時間
・月~金  10:00~13:30
             15:00~20:00
・土/日  10:00~13:30
・休診日  木曜日、祝祭日
クリスタルブライトニング
ポリリンホワイトニング
バナー
日野新町歯科医院
日野新町歯科医院

Copyright (C) 2010 Hinoshinmachi Dental Clinic.  All Rights Reserved.