トップ > ブログ
ブログ

歯周病と失明との関連性が示される

2018年7月11日

国際歯科研究学会(International & American Association for Dental Research; IADR)は、米国に拠点を置く、歯学を中心とした学術を取り扱う専門学術団体である。

近年、歯周病と様々な疾患との関連性が指摘されはじめており、全身健康管理の観点から、歯周病への対応が注目され始めている。そのような中、米国ジョージア州のオーガスタ大学歯学部の研究チームが、IADRにおいて発表した研究結果によると、歯周病と失明との関連性が示されたという。マウスを使った実験により、歯周病の病原菌であるP. gingivalis には、視覚を司る網膜色素上皮細胞への感染作用があり、失明につながる加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)という眼疾患を誘発させ得ることが判明したという。

 

欧米における成人の失明理由の第1位が加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)である。加齢黄斑変性は、加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、視野の中心部分が暗くなる、あるいは中心がゆがんで見える眼疾患である。日本では加齢黄斑変性による失明は比較的少ないと考えられてきたが、人口の高齢化とライフスタイルの欧米化により近年著しく増加し、50歳以上の人の約1%にみられ、失明原因の第4位となっている。

 

研究に携わったPachiappan Arjunan博士は、

この研究は口腔内の感染症と加齢黄斑変性の関連性を示した最初の研究である。

などと述べている。さらなる研究が進められており、近くその成果についても発表される予定だという。

 

日本歯科医療への示唆

フレイル防止のために高齢者の社会的活動を維持していく上で、視覚は非常に重要な感覚の一つである。8020運動の成果などにより高齢者の残存歯牙数が増えた結果、高齢者の歯周病罹患率の高まりとその対策が新たなる課題となってきている。

 

口腔ケアや歯科検診の重要性が社会的に見出され始めている中、歯科医療界全体として如何に歯周病と向き合える体制を短期間で築き上げていくかが、日本社会における歯科医療のこれからを大きく左右する。

出典: IADR_Investigating the enigmatic link between periodontal inflammation and retinal degeneration

日野新町歯科医院
WEB予約
日野新町歯科医院
アクセスマップ
JR中央線日野駅下車 徒歩1分
日野新町歯科医院
〒191-0002
東京都日野市新町1-19-3
マストライフ日野1F
TEL. 042-583-8882
診療時間
・月~金  10:00~13:30
             15:00~20:00
・土/日  10:00~13:30
・休診日  木曜日、祝祭日
クリスタルブライトニング
ポリリンホワイトニング
バナー
日野新町歯科医院
日野新町歯科医院

Copyright (C) 2010 Hinoshinmachi Dental Clinic.  All Rights Reserved.