トップ > ブログ
コラム

チョコをたくさん食べるとむし歯になりやすい?

皆さんこんにちは。

東京都日野市の「日野新町歯科」です。

 

むし歯は、歯周病と並んで歯を失う二大原因のうちのひとつです。
甘いものをたくさん食べるとむし歯になると言われていますが、甘いものの代表とも言える「チョコレート」を食べると、むし歯になりやすくなるのでしょうか?

 

チョコレートなどの甘いお菓子は食べない方がいい?

むし歯とは、むし歯菌が出す酸により歯が溶けてしまう病気です。
むし歯決して甘いものだけが原因ではなく、むし歯菌・砂糖(糖質)・時間・歯質、の4つの要因が重なることで発症するのです。

 

その中でも、砂糖をはじめとする「糖分」はむし歯菌の栄養分となり、細菌を活性化させて酸の排出を促します。

 

もちろん、砂糖はチョコレート以外の食品にも含まれています。
チョコレートにも、砂糖が多く甘みが強いもの、カカオがくて砂糖控えめのもの、砂糖不使用のもの、むし歯になりにくい「キシリトール」を甘味料として使用しているものなど、その種類はさまざまです。

 

むし歯になりやすい生活習慣とは

糖分の多い飲食物を摂り過ぎるとむし歯リスクは高まりますが、それ以外の要素もポイントになります。

 

とくに「時間」は重要で、間食やダラダラ食べを続けていると、お口の中が常に酸性の状態になります。
お口の中は飲食のたびに歯の表面が溶ける「脱灰(だっかい)」が行われますが、唾液の働きにより溶けた部分が修復される「再石灰化」が行われます。
ところがずっと飲食をしていると再石灰化が行われず、むし歯になってしまうのです。

 

また「歯質」もむし歯に大きく影響します。
乳歯や生え変わったばかりの永久歯はエナメル質が薄く弱いため、酸に溶けやすいものです。
そのため、お子さまに甘いものをあげる時は、量や食べる時間に注意しましょう。

 

定期検診の重要性

普段の生活習慣を見直すことはもちろん、定期的な歯科検診もむし歯予防には効果的です。
定期検診では、お口の中が健康に保たれているかを確認するほか、フッ素の塗布やクリーニングを行います。

 

むし歯は、痛みが出る頃にはすでに進行している状態です。
定期検診では、初期段階でトラブルを発見することができるので、進行する前に処置を行うことができます。
さらに、フッ素を歯の表面に塗ることで歯を強くし、再石灰化しやすい歯質にします。
また、どんなしっかりと歯磨きをしていても、完全にプラークを落とし切ることは不可能ですので、プロによるクリーニングも大切です。

 

まとめ

このように、決して「チョコレートを食べるとむし歯になる」というわけではありません。
量や食べる時間に気をつけ、ブラッシングや歯科検診をしっかり行うことで、むし歯を防ぐことは可能です。
当院では予防ケアに力を入れておりますので、いつでもご来院ください。


日野新町歯科医院
WEB予約
日野新町歯科医院
アクセスマップ
JR中央線日野駅下車 徒歩1分
日野新町歯科医院
〒191-0002
東京都日野市新町1-19-3
シャーメゾンステージ日野1F
TEL. 042-583-8882
診療時間
・月~金  10:00~13:30
             15:00~20:00
・土/日  10:00~13:30
・休診日  木曜日、祝祭日
クリスタルブライトニング
ポリリンホワイトニング
バナー
日野新町歯科医院
日野新町歯科医院

Copyright (C) 2010 Hinoshinmachi Dental Clinic.  All Rights Reserved.