歯周病を予防するために気を付けたいこと | ブログ|日野新町歯科医院 |日野駅徒歩1分の歯医者
トップ > コラム
コラム

歯周病を予防するために気を付けたいこと

皆さんこんにちは。

東京都日野市の「日野新町歯科」です。

 

日本人の成人の多くが罹患し、今や「国民病」とも呼ばれる歯周病。
たいした自覚症状がないまま進行していくことが多いことが、患者数増加の原因だと考えられています。

歯周病の原因や予防法を理解し、普段あまり意識していない方もこれを機に歯周病について考えていただければと思います。

 

歯周病の原因とは

歯周病は、歯周病菌による感染症です。
歯みがきが正しくできていないと、歯と歯ぐきの間にある「歯周ポケット」に、歯周病菌の温床となるプラーク(歯垢)がたまり、歯ぐきの内部で炎症を起こします。
初期の歯周病は、歯ぐきが腫れたり出血したりと大した症状はありませんが、放置すると歯ぐきや歯の周りの組織を溶かしていき、歯を支える骨まで溶かして歯が抜け落ちるといったトラブルにまで発展してしまいます。

 

歯周病の予防に効果的な2つのポイント

歯周病予防には、まず毎日の「適切な歯磨き」が重要です。
人によって、お口の環境や歯並びはさまざま。
ただ磨くだけではなく、その方のお口に合った磨き方、歯ブラシの選び方も大切になります。

 

歯磨きをする時は、歯の表面だけでなく、歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目もしっかり磨くようにしましょう。
このようなところに、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は溜まりやすくなっています。
プラークは歯周病菌の温床となるので、毎日しっかり取り除かなければなりません。

 

しかし、どんなに毎日しっかりと歯磨きをしていても、プラークを完全に落とし切ることは不可能です。
また、プラークは放置しておくと歯石になってしまいます。
そこでもうひとつ、定期的に歯科医院での検診やプロによるクリーニングが重要となります。

 

歯科医院では、歯周病の進行度の確認や、プロによるクリーニングで徹底的なプラーク・歯石の除去、歯周病の初期症状である歯ぐきの炎症が観られる場合には、消毒による消炎処置を行います。
歯周病がある程度進んでいる場合はこれを何度か繰り返すことになり、重症化している場合には外科的処置も必要になってきます。
また、毎日の歯磨きが治療にも予防にも重要ですので、歯並びに合わせたブラッシング方法をアドバイスさせていただきます。

 

一度歯周病が良くなっても、プラークは時間が経つとまた付着していきます。
そのためにも、定期的に歯科医院を受診することが、再発防止や予防に役立ちます。

 

まとめ

このように、歯周病を防ぐためには、「適切な歯磨き」と「歯科医院での定期的な検診・クリーニング」の2つがとても大切です。
歯周病は時間をかけて進行するため、治療にも時間がかかります。
そのため、歯周病になる前に予防することが重要なのです。

当院では歯周病予防に力を入れておりますので、とくに症状がない方もぜひ受診をおすすめします。


日野新町歯科医院
WEB予約
日野新町歯科医院
アクセスマップ
JR中央線日野駅下車 徒歩1分
日野新町歯科医院
〒191-0002
東京都日野市新町1-19-3
マストライフ日野1F
TEL. 042-583-8882
診療時間
・月~金  10:00~13:30
             15:00~20:00
・土/日  10:00~13:30
・休診日  木曜日、祝祭日
クリスタルブライトニング
ポリリンホワイトニング
バナー
日野新町歯科医院
日野新町歯科医院

Copyright (C) 2010 Hinoshinmachi Dental Clinic.  All Rights Reserved.