トップ > 歯周病治療
歯周病治療 日本人の成人のおよそ8割が罹患している歯周病

歯周病は自分には関係のない病気だと思っていませんか?
実は30〜40代の若い世代でも約8割が罹患している国民病で、歯を失う原因の第1位にもなっています。
初期症状はほとんどなく、歯ぐきの腫れなど違和感を覚えた時にはすでに症状が進んでいることがほとんどです。実際に成人の3人に1人は「自分は歯周病ではない」と思っているというデータがあり、まだまだ歯周病についての意識が日本人には浸透していません。

日本人の成人のおよそ8割が罹患している歯周病
歯周病が引き起こす様々な疾患

◇誤嚥性肺炎
◇心疾患
◇糖尿病
◇メタボリックシンドローム
◇骨粗しょう症
◇低体重児早産

歯周病が引き起こす様々な疾患

歯周病は口内だけの病気ではなく、全身疾患を誘発する危険性が分かってきました。よく考えるとお口は単体で成り立っている器官ではなく、体の入り口となっているものです。そして血管もたくさん巡っているため、全身に歯周病菌がまわる可能性があります。特に女性は女性ホルモンの影響で歯周病にかかりやすい時期もあるので、早期発見・治療をして口内から全身の健康を守りましょう。

当院の歯周病治療

当院では、スケーリングや歯石除去といった一般的な歯周病の治療の他に、薬を使った細菌やカビを減らす治療も行っています。
どの治療法が患者様にとって必要なのかは、お口の中の歯周病菌の数や、その活動量などといった検査結果によって異なります。しかし、基本的に初期の歯周病であれば一般的な歯周病治療を行い、少し進んでいるようであれば薬を使った歯周病治療をおすすめしています。

当院の歯周病治療

顕微鏡検査

顕微鏡検査

まず、歯周病の原因である歯周病菌がどのように付着しているのか顕微鏡で検査する必要があります。

顕微鏡検査では患者様のお口の中のプラークをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。

顕微鏡で見ることで、いま現在の菌の状態を確認することができ、
○ 歯周病になりやすいかどうか、
○ 今どういう状態なのか、
○ これからどういう状態になっていくのか、

が予測できます。

顕微鏡検査の結果、歯周病のリスクが高い方は
通常の歯周病治療以外に「除菌治療」をおすすめしています。
歯周病は様々な全身疾患に関連している、といわれています。

歯周病の治療をすることで全身疾患のリスクを減らし、
健康的に過ごせる寿命(健康寿命)をのばせる可能性があります。
顕微鏡検査当日は、検査と結果の説明のみ行います。
治療については、その次の予約から行います。
この方法は一般的な歯周病治療に比べて、短期間で治療をすることができ、お口の変化を感じやすいのが特徴です。
実際に受けられた患者様からは「一週間ほどで出血がなくなった」「歯ぐきの腫れがよくなった」という声も聞かれます。

日野新町歯科医院
WEB予約
日野新町歯科医院
アクセスマップ
JR中央線日野駅下車 徒歩1分
日野新町歯科医院
〒191-0002
東京都日野市新町1-19-3
マストライフ日野1F
TEL. 042-583-8882
診療時間
・月〜金  10:00〜13:30
            15:00〜19:00
・土/日  10:00〜13:30
・休診日  木曜日、祝祭日
クリスタルブライトニング
ポリリンホワイトニング
バナー
日野新町歯科医院
日野新町歯科医院

Copyright (C) 2010 Hinoshinmachi Dental Clinic.  All Rights Reserved.